社会福祉法人 いずみ苗場の会

文字サイズ

ホーム > お知らせ 一覧 > つぼみの広場 ドリーム1・ドリーム2・いずみ中央3

つぼみファミリーフェスティバルを開催しました♪

投稿日:  投稿者: つぼみの広場 ドリーム1・ドリーム2・いずみ中央3

 

『つぼみの広場』としては、初の更新となります!
今後は、HPも利用してつぼみの活動の様子などを順次お伝えしていきたいと
思いますので、よろしくお願い致します。

 

初の更新となる今回は、6月17日土曜日に開催された
【つぼみファミリーフェスティバル】の模様をお伝えします。
(Tsubomi Family Festival=TFF)

今回のイベントは、つぼみの広場”初”の試みとなるイベントで、
『身体を動かす』『きょうだい児の交流』『家族交流』を目的とし、
ドリーム1・ドリーム2・いずみ中央3・がじゅまるの利用者さん、そのご家族を
対象とし開催致しました。

松風学園さんの体育館をお借りして行った今回のイベントには、
つぼみの広場・がじゅまるの利用者さん、保護者・きょうだいの方々に
お集まり頂き総勢65名の皆様にご参加いただきました!

当日は、玉入れ・障害物競争・パン食い競争・デカパン競争の4種目を行い
身体をたくさん動かしました。

◆玉入れ◆
全部で三回戦を行った玉入れ。
1回戦目は、全員で力を合わせてチーム対抗戦!
子どもも大人も白熱した結果、黄色チーム・緑チーム共に100個以上の玉を入れていました。
2回戦目は、子ども達対象の玉入れならぬ”お菓子入れ”。
袋に入ったお菓子を入った分だけもらえるという事で、子どもたちもぴょんぴょん飛び跳ねながら、
一生懸命お菓子を投げ入れていました。
そして、3回戦目は保護者対象!チーム対抗戦で網の高さも1番高くに設定しましたが、景品が”野菜”だと
アナウンスするとよりやる気スイッチが入ったのか白熱した戦いをみせてくれた保護者の皆さん。
結果は、なんと同点!!いつもは子ども達がやる『玉の片付け』ですが、

今回は保護者の方々にご協力して頂きました♪
観客席からお父さん・お母さんを応援する子ども達は新鮮な光景でした。

◆障害物競争・デカパン競争◆
利用者同士・利用者×きょうだい・きょうだい同士・きょうだい×保護者などいろいろな組み合わせで行った、
障害物競争とデカパン競争。少し難しい箇所もありましたが、ペアで力を合わせて競技に参加し、
ゴールした時の皆さんの笑顔が印象的でした。

◆パン食い競争◆
ルールはわかっていても意外と難しいのがパン食い競争。
パンのところまで走って行き、手を使わずに口で取るまでが難しかったようで、
子ども達はもちろん、大人もパンを取るのに苦戦していました。
しかし、そんなお父さん・お母さんの姿を見つめる子ども達は笑顔で
とても楽しそうでした!

 

今回、初の試みという事で、今年の1月から担当者で打ち合せを重ねて実施したイベントですが、
競技の合間などに参加者へ感想を聞いて回ると「楽しい!」と答えてくださる方が多く、
開催して良かったなと改めて感じました。
きょうだい児の皆さんにも、つぼみでのお兄ちゃん・お姉ちゃん・弟・妹の様子を少しでもお伝え出来たかな?と思います。
『障がいを持ったきょうだいがいる』という事でいろいろな葛藤もあるかと思いますが、このようなイベントを通して、
きょうだいの様子を知ってもらったり、『自分以外にも同じ人たちがいるんだ』と思って頂けたら嬉しいです。
今後も、利用者さんはもちろんのこと、ご家族、きょうだい児の皆さんも楽しんで頂けるイベントを考えていきたいと思います。

 

ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました!!

 

(つぼみの広場 ドリーム1/横山)